災害があっても停電しない街づくり

2022年4月、エネルギー供給強靭化法が施行されます。

従来は旧一電(一般送配電事業者:東京電力様など)の元ですべての送配電が行われておりましたが、このエネルギー供給強靭化法の施行に伴って配電免許制による地域独自の街づくりが可能になります。

例えば今までは電力系統の何処かで大きな災害があるとその系統に紐づくエリアはすべて停電になってしまいましたが、私たちが推し進めるMicro Gridは災害に強い強靭なものとなりますので、平常時も災害時にも電力系統から非同期に自立連系することが出来、ずっと大切なエネルギーを享受することが可能になります。

例えば今までの電力系統を形造っているのはその殆どが化石燃料を燃やしてタービンを回転させることで電気を創り出しているものですから回転系の動的な電力系統と言えますが、世界が・・・日本が・・・みんなが推し進めようとしている地球にやさしい未来の世界ではこれに代わって再エネで埋め尽くすような世界にする必要があります。

そうすることでCO2を排出しないクリーンな世界を実現することが可能になりますが、そもそも今のこの化石燃料に溢れた電源構成の中でどれだけEVを増やして行っても、そのEVを作ったり走らせたりリサイクルしたりするすべての場面で化石燃料が使われているので、ちっとも地球にやさしくないEVになってしまう訳です。

だから再エネが溢れる世界にしなければならないんですが、これが非常に難しくて、先述しました現在の電力系統が動的で慣性力を持ったものである為、再エネを生み出す静的なインバータとは相性が悪く、研究ではすべての系統に占める再エネの割合を30%程度までにしておかないと電力系統の調和が乱れ、大停電を引き起こしかねないと言われているんです。

さて困りました・・・。

そこで考えました。

今ある電力系統と地域に根差すMicro Grid(街)を非同期でありながら連系させることで、2050年のカーボンニュートラルを見据えた再エネに溢れた街づくりを可能にしようと。

それだけじゃありません。

災害に強く再エネでクリーンなエネルギーを生み出す街っていうだけでも魅力的ですが、例えば”Peer to Peer(P2P)”と呼ばれる”好きな電気を選んで買うことが出来る”ことも可能になったり、電気を買うことで発生する”kWhの価値”だけじゃなく、今そこかしこで言われております”環境価値”の創出も可能になり、更には地域独自の”第三のバリュー”を創出することも可能になり、これによってその街独自の名産品やオリジナリティ溢れる商品をブラッシュアップすることが可能になるので、電気だけじゃなく地域に根差した独自の街づくりが可能になります。

このような夢のあるプロジェクトを強力に推し進める為に、その夢の実現に同じ思いを持ついくつかの会社で新しい会社を起ち上げました。

DIGITAL ENERGY株式会社といいます。
https://digitalenergy0214.wixsite.com/digitalenergy

2100年になって産業革命前からの気温上昇が4.8℃とか6℃とかになったりしたら、私たちの子や孫、そして連綿と続く未来の子供たちに顔向けが出来ません。

もし仮に今までと同じようにCO2を排出しながらも地球温暖化しない2100年が待っているのだとしたら、その時は雲の上から真摯に謝ります・・・。

でも、もし・・・じゃなく、本当に危機が迫っているのだとしたら、やっぱり一歩ずつでもいいからその方向へ進んで行きたいと、僕は考えています。

夢のある未来の街づくりをご一緒しませんか?

さいたま市の蓄電システムならSequencEnergy株式会社へ

地球が悲鳴を上げている・・・ とめどなく消費されるエネルギーが地球を蝕んでいる・・・ 僕の、私の小さな手で何が出来るんだろう・・・ 再生可能エネルギーと蓄電池が織りなすハーモニー 1人じゃなく、互いに支え合うことで平準化されたエネルギーの流れが、素敵な音を奏でて僕らを運んでくれる。 そんな世界を創る一枝になりたい。 SequencEnergy株式会社

0コメント

  • 1000 / 1000