Online Shop

弊社のOnline Shopには価格表記が殆どされていません(T_T)

唯一正規販売代理店価格のEV TRIKEに概算表記があるぐらいで、それ以外はお問い合わせいただかないと分かりません。

諸般の事情(笑)があってのことですが、でもその労力にお応えする"究極のBest Price"をご用意しております。

御見積りでもご相談でも世間話でも(もちろん無料です!)、何なりとご相談ください。

弊社にて"PayPay"による店頭支払いが可能です。
EV TRIKEにも各種ハイブリッドポータブルリチウムイオン蓄電池にも使えますので、少しでもお得にご決済ください。

お家の100Vコンセント→リチウムイオン蓄電池で動く”地球にやさしい""ハーレーライク”な渋い3輪ミニカー
「BLAZE EV TRIKE」の正規販売代理店です。

いくつになっても格好良くありたい・・・これは僕の勝手な想像なんですが、いい意味で潔く、いい意味で空想できるオヤジでいたいと思っています。
実際には格好悪いですが(笑)

こんなミニカーに乗って海岸沿い(埼玉に海はありませんが、イメージなのでご勘弁を!)を流し、湘南の喫茶店”QUE”に立ち寄って圭介さんと語りながらコーヒーを飲む(あの名作”季節外れの海岸物語”なんですが、分かる人いますか?)・・・。

車検も要らないとか、車庫証明も要らないとか、法令上はミニカー扱いなのでヘルメットも要らないとか(安全の為に装着をお勧めいたします!)、二段階右折の必要がないとか、とにかく制限のないフリーダムな乗り物なんですが、その自由度以上に僕が気に入っているのがこの佇まいです。
痺れませんか?
3輪のぶっといタイヤも、ラウンドを帯びた流麗なフォルムも、艶のある光沢も、すべてが五感を刺激します。

このBLAZE EV TRIKEですが、埼玉県では初めての正規販売代理店として2020年10月末頃から販売を開始しております。
凄い人気なので、納期に少しお時間をいただく場合もございますが、ご注文は随時お請けしております。

蓄電池のプロとして、"地球にやさしい" このEV TRIKEは手放せないアイテムでした。
自家消費することや蓄電池を導入することにも意味があって、日常の節約の為であったり災害時の安心の為だったりしますが、弊社のハイブリッドポータブルリチウムイオン蓄電池の謳い文句にもありますように、”プレジャー”な要素も加えた”トリプルバリュー”
であることを求めております。

BLAZE EV TRIKEはまさに遊び心を持ったイカしたEVモビリティであり、お家にある100Vのコンセントから充電出来ることもあり、例えば弊社の「EB150-P1」や「AC50」、そして2000W定格出力/2000Wh大容量という至高のスペックを誇るハイブリッドポータブルリン酸鉄リチウムイオン蓄電池「AC200P」とのコラボレーションで、これら蓄電池から簡単に充電することも可能な訳です。

何かワクワクする蓄電池の世界が広がると思いませんか?

<BLAZE EV TRIKE 乗り出し費用の概算>

EV TRIKEの費用感(税込)は以下の通り(メーカー指定金額)です。

車体価格:206,800円(税込)※車両本体価格となります。

登録諸費用:41,800円(税込)※ミニカーの登録をして、ナンバーを交付してもらい、車両にお付けいたします。

陸送費用:66,000円(税込)※名古屋の製造工場より弊社までの陸送・準備費用です(メーカー指定/全国同一料金)。

総額(税込):314,600円 ※只今、左記総額から特別価格にて謝恩キャンペーン実施中です!

つまり、税抜286,000円+消費税28,600円=314,600円(税込)→謝恩キャンペーン価格、この費用感であのBLAZE EV TRIKEを乗り出せるなんて本当に凄い時代になったなぁ・・・という感慨しか浮かびませんが、ミニカーとしての自賠責保険も必ず必要になりますので、以下に保険関係の費用感をお伝えさせていただきます。

自賠責保険費用:@7,060円/1年~14,380円/5年(2020.9月時点、離島除く)なので、圧倒的に5年分の方がお得です。

コンビニで即手続き→保険発行可能です。
乗り出し時にコンビニにてお支払いが必要な為、この費用分はご準備いただきまして弊社までお越しください。

任意保険費用:各社のバイク保険でも構いませんが、ミニカーの運転には普通自動車免許が必要なので、ファミリーバイク特約が使えたりします(要・各保険会社確認)。
この特約にもバリエーションがありますので、お客様のご希望に合わせてご選択ください。

総括しますと、車両関係費用として314,600円(税込)→謝恩キャンペーン価格、自賠責保険費用として7,060円(1年分)~14,380円(5年分)が必要ですので、この合計金額をご準備いただきまして、弊社にてお引き取りいただく形となります。

※自宅納車をご希望の場合には別途陸送費用が掛かりますので、なるべく弊社渡しにてお願い申し上げます。

如何でしょうか?
ビックリする費用感で乗り出し可能なBLAZE EV TRIKE。

地球にやさしく、でも格好良く、イカしたモビリティで颯爽と街を流してみませんか?

世界で一番安いモノ(コト)を目指して
弊社で取り扱うものには主に以下のものがございます。
・蓄電池/蓄電システム(家庭用/産業用)のご提案
・自家消費システム(負荷追従設計含む)の設計・構築

・太陽光発電システム(たった1枚からPPAまで)の設計・構築
・地域Micro Gridの設計・構築
・QB(設計/協議含む)全般

・電力会社への申請/協議

・Cad配置/設計/シミュレーション
・そしてなんと・・・埼玉県で初のEV TRIKEを扱うPro Shopとなります!

 外観はまるで”ハーレー”なのに、車検も要らないミニカー登録なので法的にはヘルメットも不要なんです。
 ※でも安全の為にヘルメットの装着をオススメしております。
 蓄電池のプロが販売するので、安心してお問い合わせください。
 本当に涎が出るほど格好いいですよ!

それ以外にも、各メーカー様とダイレクトに繋がれたパートナーシップがあるので、システム部材だけのご相談も賜りますし、新規事業開発請負や蓄電システム/自家消費システムなどに関する顧問請負、ポームページやイメージ動画の作成(このページも作っています)、講演のご依頼も承っております。
何れも"何処よりも安くある"ことは何より重要な要素ですが、それ以上に効率を最大化した究極、且つ、唯一無二の設計を強みとしておりますので、是非他社様との違いを感じていただけましたら幸いです。
先ずは昨今残念ながら頻発している豪雨災害への対策としまして、モビリティ(可搬性)用途に優れた持ち運び可能ないくつかのハイブリッドポータブルリチウムイオン蓄電池を品揃えしておりますが、例えば水没してしまった場合には定置型の蓄電池も据置のインバータも廃棄するしかありませんが、このハイブリッドポータブルリチウムイオン蓄電池なら何処にでも持ち運び可能なので、例えば避難所に持参してスマホを充電したり扇風機を回したりも出来ます。
何かの際には"こころの余裕"がとても大切なので、そのほんのちょっとの"こころの余裕"を作る手助けをしてくれる意味でも、このハイブリッドポータブルリチウムイオン蓄電池は最高の友となってくれる筈です。
もちろんアウトドアやバーベキューなどにも持ち出せる"プレジャー"な用途にも使えて、まさに"トリプルバリュー"の蓄電池なんです。
単相3線の100/200Vなら、恐らくは国内最大容量とも呼べる17.3kWhをラインナップするSolaX社の定置型リン酸リチウムイオン蓄電システムを。
待望の三相3線のミドルクラスの産業向けでも、15kW出力/46.08kWhを標準モデルに、もっと小さい出力/容量にも更に大きな460.8kWhもの大容量にもフルカスタマイズ可能なSolaX社のリン酸鉄リチウムイオン蓄電システムを。
※販売開始予定:2022年第1Qの予定です。
たった1枚で連系可能な太陽光発電システムの中核を為すMicro Inverterも取り扱っておりますし、イニシャル¥0で導入可能な自家消費案件向けの完全負荷追従システム/第三者所有システム(PPA/TPO)も絶賛設計/販売/施工中です。

そして満を持して登場するのが、世界中のどのメーカーよりも突き抜けた破格で大人気のTAOKE社の大型蓄電システムです。

インバータ容量と蓄電容量を随意にカスタマイズ可能ですから、例えば下記のような大型のCATL社製リン酸鉄リチウムイオン蓄電システムを構築可能です。

・100kW/215kWhリン酸鉄リチウムイオン蓄電システム:コンビニやスーパー、商業施設などのBCP対策に!
・200kW/430kWhリン酸鉄リチウムイオン蓄電システム:工場やショッピングモールなどのBCP対策に!

・300kW/2,150kWhリン酸鉄リチウムイオン蓄電システム:介護施設や冷凍冷蔵倉庫などのBCP対策に!

・500kW/5,375kWhリン酸鉄リチウムイオン蓄電システム:物流における大型の冷凍冷蔵倉庫などのBCP対策に!
※インバータ出力や蓄電容量、ACカップリング/DCカップリングなどは自由にフルカスタマイズ可能です!

この先の未来への歩みを止めることなく、真っ直ぐじゃないけど時には曲がりくねって寄り道しながら、たくさんの喜びを集めていきたいと思っています!

ご家庭用・自治体様・施設様向け:500Wh~2000Whのハイブリッドポータブルリチウムイオン蓄電池【停電時にもPVダイレクト入力可能な安心のハイブリッドモデル】

※PayPay支払可能


ご家庭用・産業施設様向け:単相100/200Vの17.3/11.5/5.8kWhの定置型ハイブリッド蓄電システム【現時点で単相日本最大容量を誇る17.3kWhのスタイリッシュモデル】

※PayPay支払可能

ご家庭用・産業施設様向け:単相100/200Vの17.3/11.5/5.8kWhの定置型ハイブリッド蓄電システム【現時点で単相日本最大容量を誇る17.3kWhのスタイリッシュモデル】

※PayPay支払可能


産業施設様向け:三相200Vの15kW/46.08kWhの定置型ハイブリッド蓄電システム【三相のこのクラスはとても数が少なく、貴重な環境施策の選択肢となります】


★破格★大型冷凍冷蔵倉庫様や緊急施設様向け:三相215kWh〜5MWh超までのカスタム蓄電システム【TAOKE社とのコラボで実現した破格のコンテナ型蓄電システム】

【ハーレーライクな3輪EVトライク】

正規販売代理店価格:314,600円(税込)→只今、謝恩キャンペーン価格にて絶賛販売中!

※PayPay支払可能+自賠責保険+任意保険(弊社店頭引き渡し)

【たった1枚でも系統連系可能です】

単相も三相も構築可能で、何よりも防災の意味合いでは唯一無二とも呼べる"ラピッドシャットダウン機能"を搭載しています。

施設内で完全自家消費させる為のノウハウは”完全負荷追従”にあります。PVを止めないメンテナンスフリーの”最適解”です。

こればっかりは設計者次第で天と地ほどの差が出てしまいます。ベクトルが交差する難しい自家消費設計も発電所設計もお気軽にご相談ください。

CADを書くこと≒最高の”設計”も現場での”施工”もIRRに寄与する”コスト感”も机上に居ながらにしてその繋がりを理解している必要があります。

QBの設計ひとつで発電所の効率が変わりますし、電力会社との協議には熟練した駆け引きが必要です。何なりとご相談ください。

完全自家消費モデルもオンサイトPPAもオフサイト(コーポレート)PPAも複数施設間のVPPモデルも、kWh+環境価値を創出することでCSR対策やSDGsにも寄与します。

実はホームページもYouTube動画や音楽も各種カタログなどの宣材もすべて自社で作っております。再エネ関連の反響営業対策ならお任せください。

蓄電システムのこと、再エネ自家消費(オン/オフサイトPPA含む)への取り組み、地域Micro Gridのことなど、実地/ウェブ問わず、講演内容もお気軽にご相談ください。