一番安い蓄電池

持ち運べることが災害に備える第一歩であり、人生を楽しむことの可能性を広げるものだと確信しております。

ポータブル(@8万円台〜)から施設における単相/三相(@7万円台〜)、そして2MWhを超えるBCP対策(@5万円台〜)や世界規模のギガバッテリーまで。

世界中のどこよりも、宇宙の果てのスペースショップよりも、きっと一番安い蓄電池たちを紹介します。
だってどんなに素適な蓄電池でも、車を買うほどに高かったらやっぱり躊躇しますよね?

安かろう、良かろう…、そう、
安くていい物を企業努力でなんとかするのがSequencEnergy流です。

安いことには訳がある筈だけど、その訳が納得出来る訳なら無問題な筈です。

きっとあなたのお気に入りになれますよう、頑張ってアセンブリして、頑張って見つけて来ます。

世界の果てから!
蓄電池の本当の選び方
蓄電池は本当に人気の家電製品(電気を貯めておいて必要な時に引き出す銀行のような安心の家電製品です!)になって来ましたが、どうやって選んだらいいか、悩みませんか?
・価格

・機能

・容量(大きさ)

・外に置くか?中に置くか?

・何処で買うか?

購入を考えるにあたって選択肢がたくさんありますよね?
実は「蓄電池」は「電気」とはちょっと違って、"化学"の分野だと僕は自認しております。

"バケガク"の分野とは何やら難しそうですが、そんなに難しくはありません。

蓄電池は"酸化還元反応"によって充電したり放電したりしています。

この時に、正極と負極にどのような素材を使うかによっていろいろな蓄電池が存在しています。

電解液の種類や全個体など他にも要素はたくさんありますが、要は蓄電池の種類によって少しずつ性能も違うんです。

みなさんが考えておられるのは多分"リチウムイオン蓄電池"でしょう。
現時点で"全個体"や"クレイ"、"錯体"や"リチウム金属"など、次代を担う候補はたくさんありますが、これら次世代の子供たちが勇躍するのはまだまだ先のお話しです。

早晩登場はしてきますが、まだまだ"枯れたリチウムイオン蓄電池"がメインストリームであることは間違いないでしょう。

だって、次世代の子供たちは非常に高いので、「安かろう、良かろう」ではなく、「高かろう、良かろう」になってしまいます。

そう、現在の”枯れたリチウムイオン蓄電池"は安くないといけない訳ですね!
次に機能です。
普段お使いの家電製品を平常時にも停電時にも支えるとして、AC200Vの負荷(家電製品)が必要かどうかがポイントです。因みに僕は不要だと(生意気にも)思っています。

もちろんAC200Vが支えられると、エコキュート(給湯器)やIH炊飯器、稀にあるAC200Vのエアコンなども支えられます。でも本当に必要かどうかを考えてみてください。

上を見たらきりがないように、下を見てもきりがありません。
AC200Vを支える場合、

・費用が高くなること
・100V ×2倍なので、同じ容量の蓄電池なら半分の時間しか保たないこと

は少なくとも覚悟しなければいけません。
生活をイメージすると、意外にもその殆どがAC100Vの家電製品ばかりじゃないですか?
・冷蔵庫

・液晶テレビ

・スマホの充電

・照明

その他殆どの家電製品がAC100Vなんです。

蓄電池を考える時には、この下流側の負荷(家電製品)をイメージして選択してみてください。

次は容量(大きさ)ですね。
上の"機能"でもご説明しましたが、仮にAC200Vの負荷(家電製品)を支えるとなれば、AC100Vに比べて2倍のエネルギーを使いますから、同じ容量なら使う時間が半分に、2倍の容量にして同じ時間を支えたいなら、2倍(ぐらい)の費用がかかります。
一般的なご自宅の平均的な電気使用量(日)は8kWh〜12kWh/日と言われていますので、必要なエネルギーをどれだけストックしておきたいかによりますが、これも上にも下にも幅広く存在しています。
仮に残念ながら災害が襲って来た時に、必要になる家電製品が「冷蔵庫」だけなら、最低限の小さな容量を長い時間支えられる蓄電池を格安でお求めになれるでしょう。
僕はどちらかと言うとこのミニマム派です(笑)
次に設置場所ですが、殆どの(AC200Vを支えるものを始め)蓄電池は基本的に外置きが大勢を占めています。
その殆どがコンクリート基礎を作ってそこに蓄電池を載せる感じです。

ご自宅の意匠性にも絡むので、SolaXさんやテスラさんのようなおしゃれな感じだといいですね!

但し、豪雪地域(最低気温の問題)や沿岸地域(塩害の問題)、賃貸マンション(屋外設置不可の問題)などの場合、屋内に置ける蓄電池ならほぼすべてのエリアで導入が可能ですし、コンクリート基礎費用や施工費用も不要です。
ご自宅の場合をイメージしてお考えください。
最後に「何処で買うか?」ですが、まぁお約束通り”SequencEnergy株式会社”で買いましょう(笑)
〇〇電機さんや△△カメラさんもいいですし、ネット販売も悪くないかも知れませんが、蓄電池は
・"販売元がどれだけその化学(バケガク)を理解しているか?"

・"どれだけお客様のライフスタイルに合わせたご提案をしているか?"

がその後の満足度に如実に直結します。
勿論一番安いことを"是"とする会社ですのでご安心ください(笑)
でも、その"安さ"の秘密はご理解いただきました上でご購入くださいね。
残念ながら頻発の度合いを増して来ており、50年に1度とか100年に1度とかではなく、毎年毎年何度も繰り返されると予想される災害に備える為でもあり、日々の日常の中でライフスタイルに合わせて電気を上手に貯めて使うことが出来る蓄電池はこれからの家電製品の主役とも言えます。
普段使いだけでなく、万一の際の安心の為だけでなく、生活に彩りを添えて楽しくするための”プレジャー”な要素も加えた”トリプルバリュー”であることが、これからの住宅向け蓄電池のあるべき姿であると僕は考えています。

普段の生活の節約にも、残念ながら万一が万一じゃなくなって来た災害や停電に備える安心にも、”楽しむ”ことを体現する為の”プレジャー”な用途にも、みなさんのライフスタイルに合った”トリプルバリュー”な蓄電池を考えてみては如何でしょうか?